国際経済秩序の歴史的な転換点となる可能性 ウクライナ情勢で=日本の通商白書

日本経済産業省 - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2022
日本の経済産業省は28日、2022年版の通商白書を公表した。ウクライナ情勢により経済的分断への懸念が高まっており、国際経済秩序の歴史的な転換点となる可能性があると分析した。

「G7 を中心とする先進国は、エネルギー分野を含め、前例の無い大規模な経済制裁を迅速に導入・実施し、ロシアとの経済・政治関係の見直しを急速に進めてきた。これを契機に、冷戦後かつてないほどに経済的分断への懸念が高まっており、自国中心主義や経済安全保障の重視により多極化が進行する国際経済の構造変化を加速させ、国際経済秩序の歴史的な転換点となる可能性がある」

白書は「ロシアとウクライナは、世界経済に占める経済規模は大きくないものの、エネルギー、食料、及び重要鉱物等、特定産品において世界有数の産出国・輸出国であり、それらの産品を両国からの輸入に依存する諸国では、供給の途絶リスクが懸念される」と指摘している。
「広島宣言」明記へ調整 G7、外相会合共同声明 核なき世界の決意継承 - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2022
G7サミット:自らを苦しめずにロシアを罰する方法とは?
また、食料やエネルギーの価格高騰を背景に、日本政府は、国民の生活や安全保障などの観点から、重要物資の安全供給に関わるリスクの分析や対応を検討していると強調している。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала