欧州のガス危機、ドミノのように広がる=オランダ閣僚

© AFP 2022 / Bart Maat オランダのロブ・イェッテン気候エネルギー担当相
オランダのロブ・イェッテン気候エネルギー担当相 - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2022
「欧州連合(EU)の1つの国でガス危機が起これば、ヨーロッパ大陸全体に波及する」-オランダのロブ・イェッテン気候エネルギー担当相がこのごろ、米政治専門誌「Politico」のインタビューで述べた。
「Politico」によると、欧州諸国ではウクライナ情勢を背景とした対露制裁などによるエネルギー危機が深刻化している。これまでにEUは、冬のガス需要を満たす必要性などから、2022年11月1日までにガス貯蔵施設を持つ加盟国が備蓄を80パーセントまで高めるよう新たな法律を制定した。

「加盟国が11月1日までにガス貯蔵施設を満たせれば素晴らしいが、もしドイツなどの大国が80パーセントの備蓄を蓄えられなければ、欧州全体でドミノ現象が起こることを覚悟しなくてはならない」

イェッテン氏はこのように指摘し、1国でも燃料危機に陥れば影響は欧州各国に波及する懸念を示した。
欧州でガス不足、冬の備蓄に手を出す=米報道 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
欧州でガス不足、冬の備蓄に手を出す=米報道
また、イェッテン氏は北西ヨーロッパの国々でガスが不足する事態になれば、オランダ北部のフローニンゲンのガス田の増産に踏み切る意向を示した。同ガス田はガス採掘が誘発したとされる地震による住宅地への被害などを受け、2024年までに閉鎖される予定だった。
関連ニュース
G7 自国経済への損害を回避して、ロシアに痛みを与えることはできるのか?
仏エネルギー大手、国民・企業に即時省エネ開始を求める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала