日本 東京電力管内の「電力需要ひっ迫注意報」を解除

© AFP 2022 / Kazuhiro NogiTEPCO
TEPCO - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
日本政府は6月30日午後6時、東京電力の管内で4日間発令していた「電力需要ひっ迫注意報」を解除した。NHKが伝えている。
政府は家庭や企業から節電への協力が得られたことと、他の電力会社からの電力融通や運転を停止していた千葉県の火力発電所が30日に再稼働したため、電力需給のひっ迫を避けることができたと説明している。
また翌日の7月1日、東京電力管内の電力供給の余力を示す「予備率」は、電力使用が最も多い夕方の4時〜5時の時間帯でも6.6%になる予定で、電力を安定供給できるとみられている。
東京電力福島第一原発が立地する福島県大熊町 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
日本 福島・大熊町の帰宅困難地域 11年続いた避難指示が解除
日本政府は6月27日、東京電力の管内では、猛暑による冷房使用で電力不足の懸念があるとして、「電力需要ひっ迫注意報」を初めて発令した。
関連ニュース
電力ひっ迫の中、姉崎火力発電所が前倒しで稼働開始
東電管内に電力供給する福島・勿来火力発電所、トラブルで運転停止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала