- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュアのトゥトベリーゼ氏 愛娘が米国で極秘婚姻 自身もロシアを去る?

© Sputnik / Vladimir Pesnya / フォトバンクに移行ロシアのアイスダンスのディアナ・デイヴィス/グレブ・スモルキン組
ロシアのアイスダンスのディアナ・デイヴィス/グレブ・スモルキン組 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
ロシアのスポーツメディアは、3年前から米国を本拠地にトレーニングを受けているロシアのアイスダンスのディアナ・デイヴィス/グレブ・スモルキン組が、2022年3月18日に米ネバダ州で密かに婚姻届を出し、6月30日に米国フィギュアスケート連盟でオーディションを予定していると、一斉に報じた。デイビスの母親で、春に娘に会うために渡米したロシアのフィギュアスケートコーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏は未だに米国にとどまったままだ。この偶然の一致が一途なファンの間で様々な憶測を呼んでいる。スプートニク がこの謎に迫った。

デイヴィスは選手国籍を変える?

ディアナ・デイヴィスは2003年、母親のエテリ・トゥトベリーゼ氏が就労していた米国で誕生。その後、ロシアで育ち、フィギュアスケートを開始。2018年、ダイアナはロシアのグレブ・スモルキンとアイスダンスのペアを組んだ。デイヴィス/スモルキン組はトゥトベリーゼ氏の指導で最初のステップを踏み始め、その後、米国のイーゴリ・シュピルバンド氏の元で研鑽を積んだ。昨シーズン、シニアのデビューを果たした2人は、ロシア選手権で2位となり、オリンピック代表に選ばれた。北京五輪では14位に入っている。
ISUが主催の国際大会へのロシア人選手の出場を停止しても、デイヴィス/スモルキン組は米国代表団の一員として演技を続けるという噂は、もっともらしく響く。若い2人はすでに長い間、米国で生活し、トレーニングを受けてきた。国籍を変えざるを得ないのはペアのうち、スモルキンだけで、米国生まれのデイビスは米国籍を持っている。2人が米国フィギュアスケート連盟にオーディションを受けに行ったという事実もこの噂に信憑性を与えている。
6月初旬、デイヴィスは、ソーシャルメディアに現れ、自分の移籍についての報道に簡潔に、皮肉のきいた一文で応えた。「私たちは、自分自身について思いもしないことを、ニュースを通じて知るわ」
トゥトベリーゼ・コーチ、娘の練習リンクに入れず タラソワ氏「例外にしてもいいのでは」 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
フィギュア特集
トゥトベリーゼ・コーチ、娘の練習リンクに入れず タラソワ氏「例外にしてもいいのでは」
しかし、トゥトベリーゼ氏がコーチをしているスポーツ施設「サンボ70」のレナート・ライシェフ会長はあろうことか、デイヴィスとスモルキンの米国代表への移籍の噂を認めた。会長は次のように語っている。
「エテリ・トゥトベリーゼ氏(デイビスの母)にはこれ以外に米国に留まる理由はない。他の連盟で出場するのは彼らの自由だ。出場させてやったらいい。彼らはどこであろうと自分の能力を発揮することができる。これはロシアのアイデア、ロシア代表の、我々の国の思考、であることに変わりはない」

トゥトベリーゼ氏はロシアに留まるのか?

トゥトベリーゼ氏が渡米して1ヶ月余り。公式には「愛娘に会いに行った」と言われているが、ロシアのメディアは、非公式には「制裁逃れでロシアから逃亡した」と報じている。トゥトベリーゼ氏は、米国でコーチ業をやるという噂に対しては、いつもと変わらず、簡潔にきっぱりと「いつものフェイクよ」と答えた。
ロシア功労コーチのタチアナ・タラソワ氏は、トゥトベリーゼ氏擁護に回り、トゥトベリーゼ氏がロシアに生徒をおいて出ていくことなどありえず、噂はあまり賢くない人たちが流していると断言した。ロシアのアレクサンドル・ジューリン・コーチも、同僚のトゥトベリーゼ氏がロシアを離れることはない、そんな選択肢など考えたこともないはずだと言い切った。トゥトベリーゼ氏はモスクワのソビャーニン市長と良好な関係にあり、自分の監督するフィギュアスケート教室にも問題はない。
五輪チャンピオンのロシアのカミラ・ワリエワ(16)が、トゥトベリーゼ・チームに来て初めて、フィギュアスケートはホビーではないと理解したと打ち明けた記事はここからお読みいただけます。
関連ニュース
フィンランド ワリエワの一件でフィギュアスケートのルール変更を提案
誕生日を祝うエテリ・トゥトベリーゼ有名なフィギュアスケートコーチについてわたしたちが知っていること
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала