Работа производственного объекта компании Сахалин Энерджи - Sputnik 日本, 1920
再編「サハリン2」をめぐる状況

「サハリン2」の大統領令で即座にガス供給が止まることはない=ぺスコフ報道官

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ぺスコフ報道官
ぺスコフ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
ロシアのプーチン大統領が日本企業も出資する極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の運営をロシア企業に移す大統領令に署名したことに関連し、ロシア大統領府のぺスコフ報道官は1日、この大統領令によって直ちに天然ガス供給が停止されることはないとの認識を示した。
プーチン大統領は1日、「サハリン2」の運営を新たに設立されるロシア法人に移管し、現行の「サハリン・エナジー」の資産を無償譲渡するよう命じる大統領令に署名。これに伴い、「サハリン2」に出資していた外国企業は、 事業の継続、又は株式の売却を1ヵ月以内に決定するよう迫られている。
ぺスコフ報道官は、大統領令を受けた天然ガスの供給停止などの可能性があるかとの質問に対し、次のように答えている。

「今のところ、その根拠となるものはない。大統領令に基づいて執行される手続きの内容を鑑みれば」

日本の岸田文雄首相 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
岸田首相 「サハリン2」をめぐる状況でコメント 「すぐにLNGが止まるものではない」
日本メディアは今回の大統領令について、ウクライナ情勢を背景とした対露制裁を強める日本に対する揺さぶりだと指摘しているが、大統領令は日本企業の事業継続の可能性を残すものとなっている。
また、ぺスコフ報道官は他の国家プロジェクトにも「サハリン2」の例が適用されるかとの質問に対しては、「それぞれケースにおいて個別に検討されるものだ」と述べるにとどめた。
日本企業がロシア国内で参加している資源開発プロジェクトには、日本のサハリン石油開発協力が出資する石油・天然ガス開発事業「サハリン1」のほか、三井物産と独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が出資する北極圏のガス開発事業「アークティック2」などがある。
関連ニュース
「サハリン2」のガス供給が止まった場合、日本国内の「エネルギーの安定供給に大きな影響が出る」=朝日新聞
三井物産、三菱商事 株価5%超の大幅下落 「サハリン2」の大統領令受け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала