Работа производственного объекта компании Сахалин Энерджи - Sputnik 日本, 1920
再編「サハリン2」をめぐる状況

三井物産、三菱商事 株価5%超の大幅下落 「サハリン2」の大統領令受け

© Sputnik / Sergey Krasnouhov / フォトバンクに移行サハリンのガス関連施設
サハリンのガス関連施設 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
1日の東京株式市場は、三菱商事と三井物産の株価が5ポイント超のマイナスと大幅に下落した。ロシアのプーチン大統領が両社の出資する石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の運営をロシア企業に移す大統領令に署名したことを受け、投資家の間で不安が広まったことが影響したとみられる。
東京証券取引所によると、1日の三井物産の終値は前日より165円安(マイナス5.51ポイント)の2829.5円。三菱商事も前日より217円(マイナス5.37ポイント)安い3820円の値をつけた。日経平均は前日より457円安(マイナス1.73ポイント)の25935円62銭だった。
日本の岸田文雄首相 - Sputnik 日本, 1920, 01.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
岸田首相 「サハリン2」をめぐる状況でコメント 「すぐにLNGが止まるものではない」
プーチン大統領は1日、「サハリン2」の運営を新たに設立されるロシア法人に移管し、現行の「サハリン・エナジー」の資産を無償譲渡するよう命じる大統領令に署名した。これに伴い、「サハリン2」に出資していた外国企業は、 事業への継続、又は株式の売却を1ヵ月以内に決定する義務がある。外国企業が保有する株式を売却する場合、その利益は新たに設立されるロシア法人が受け取る。
「サハリン2」の運営会社「サハリンエナジー」には、ロシア国営天然ガス企業「ガスプロム」が約50パーセント、三井物産が12.5パーセント、三菱商事が10パーセントそれぞれ出資。産出される天然ガスの約6割が日本向けとなっている。
関連ニュース
「サハリン2」に関する今後の対応「現時点でお答えできる段階ではない」=木原福官房長官
「サハリン2」のガス供給が止まった場合、日本国内の「エネルギーの安定供給に大きな影響が出る」=朝日新聞
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала