新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

最大級の彗星が14日に最接近

彗星 - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
最大級の彗星「K2」が7月14日に地球に最接近する。望遠鏡があれば観察が可能だという。科学技術情報サイト「TechTimes」が伝えている。
「TechTimes」によると、「K2」は2017年、ハワイの観測装置「パンスターズ」によって初めて発見され、当時としては地球から最も遠くで観測された彗星として知られていた。
「K2」の詳しい大きさは特定されていない。幅は11マイル(17.7キロ)と推測されている一方、直径が18~100マイル(29~161キロ)に及ぶと主張する科学者もいるという。
北半球では9月まで、南半球では12月ごろまで観察できるという。
関連ニュース
火星探査車キュリオシティ、古代の河床付近の層状の岩体を撮影
火星探査機 火星の岩の間で銀色に輝く物体を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала