KDDIの大規模通信障害 日本各地で混乱広がる

© Depositphotos / Georgejmclittle KDDIの大規模通信障害 日本各地で混乱広がる
KDDIの大規模通信障害 日本各地で混乱広がる - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
日本の通信大手「KDDI(au)」は2日午前1時35分頃から、携帯電話の音声通話やデータ通信が繋がりにくくなる通信障害が発生したと発表した。発生から13時間以上経った午後3時になっても引き続き利用しづらい状況にあるとしており、全国各地で混乱が広がっている。原因は設備の故障だという。日本の各メディアが伝えている。
産経新聞などによると、通信障害はauのほか、UQモバイル、povoといった格安ブランドの契約者に影響が及んでいる。この3社の契約数は3月末時点で3100万回線。KDDIの回線を借りてサービスを提供する楽天モバイルやJCOMなどにも影響が出ているという。
影響は携帯電話の利用以外にも広範囲に広がっている。通信障害に伴い、気象庁の地域気象観測システム(アメダス)のデータが一部配信できなくなった。台風などの気象予報には影響がないとしているが、全国1300地点の観測点のうち、少なくとも400地点で影響が確認されたという。
太陽フレア - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
IT・科学
日本・総務省 太陽フレアの被害想定まとめる スマホ・テレビも使用不可に
また、宅配便大手ヤマトホールディングスも、顧客がホームページ上で荷物の配送状況などを確認できるシステムで情報が更新されないと明らかにした。このほか、岐阜県の大垣共立銀行の一部ATM(現金自動受払機)が利用できなくなる事態も発生した。いずれも通信障害の影響だとみられている。
これを受け、総務省は特に台風が接近している沖縄県方面の早期復旧に向けた作業を指示した。
関連ニュース
リトアニアにサイバー攻撃 国全体の「ネット遮断」は可能か
リモートワークで置忘れ・紛失が多数 調査回答者の半数以上が経験
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала