新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

日本 徳島県で1億3000万年前のイグアノドン類の化石発見

© Depositphotos / Elenartsイグアノドン類(3Dイメージ)
イグアノドン類(3Dイメージ) - Sputnik 日本, 1920, 03.07.2022
徳島県立博物館や福井県立恐竜博物館の研究チームは2日、徳島県勝浦町で草食恐竜の化石を見つけたと発表した。国内最古級とみられている。共同通信など日本のメディアが報じた。
発見されたのは、草食恐竜イグアノドン類の骨の化石。1億3千万年前の地層から発見され、国内最古級とみられている。イグアノドン類の化石は欧州では見つかっている。
共同通信の記事によると、恐竜博物館の柴田正輝主任研究員は「徳島での発見は、イグアノドン類が白亜紀前期(1億4000万年~1億年前)に東アジアの端まで分布していた証拠だ」としている。
化石は2021年に発見された。長さや幅が数センチのしっぽの骨で、歯の化石も見つかった。イグアノドンの全長は6~7メートルと推定されている。
関連ニュース
化石の卵の中から卵 竜脚類では初の発見
フランス イヌに似た巨大なクマの下あごの化石が見つかる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала