ベルリンで1500人が抗議行動 ウクライナなどへの武器供与に反対

© Sputnik独国会議事堂(ベルリン)
独国会議事堂(ベルリン) - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
ドイツのベルリンでは、ウクライナに対するものを含めたドイツによる他国への武器供与とドイツ政府による政策の軍事化に反対する抗議行動が行われ、最大1500人がこれに参加した。
当局によれば、この抗議行動には最大で1500人が参加したが、違反は確認されなかったという。
抗議行動は、Zivile Zeitenwende(「市民の転換期」の意:スプートニク日本編集部)協会が企画したもので、2日に実施された。協会のサイトによれば、抗議行動の参加者らは、政府に対し、ドイツ連邦軍の増強を目的とした1000億ユーロ(約14兆円)の特別基金の創設を取りやめ、その資金で社会支出を増やすよう求めている。協会の声明では、「軍拡政策は、根幹的に正しいものではなく、きわめて危険で冷笑主義的なものだ」と指摘されている。
ドイツ首相、ウクライナの加盟前にEU条約を改正するよう促しす=テレグラフ - Sputnik 日本, 1920, 03.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ドイツ首相、ウクライナの加盟前にEU条約を改正するよう促す=テレグラフ
同協会の代表は、インターネットサイトheiseに対し、ウクライナの紛争は「結果的に、この1000億ユーロの軍事費増強を実現するための口実にすぎない」と述べている。
先にロシアは、ウクライナへの兵器供給をめぐり、米国を含むすべての国に外交文書を送付した。ロシア外務省のラブロフ外相は、ウクライナに対する支援物資はいずれもロシア側にとって正当な攻撃目標になると牽制した。ロシア大統領府のペスコフ報道官も同じくコメントを発表し、ウクライナに西側から兵器を供与することは停戦交渉の助けとはならず、否定的な効果をもたらすに過ぎないと評価していた。
関連ニュース
ドイツとオランダ、ウクライナに最新鋭の自走榴弾砲6両を追加で供与
窮地に立つ独首相、補佐官がロシア寄りの発言でスキャンダル
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала