- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

ISU、カミラ・ワリエワに対するドーピング・コントロールを強化

© Sputnik / Alexander Vilf / フォトバンクに移行カミラ・ワリエワ
カミラ・ワリエワ - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
国際スケート連盟(ISU)のホームページに公開された情報によると、ロシアのフィギュアスケート選手カミラ・ワリエワ(16)は2022-2023年シーズン、検査対象者リスト(TP)から登録検査対象者リスト(RTP)へ登録変更された。
これは、競技大会が開催されない期間でさえも、ワリエワの検査を繰り返し行うことにISUが関心を持っていることを物語っている。
TPアスリートは、「居場所情報」を提出しなければならないが、ドーピング・コントロールに対応するためにその場所にいる義務はない。居場所情報は、アスリートがどこにいるかを把握するために必要なだけであり、ドーピング・コントロールの担当者がその住所の場所に到着したときにアスリートがいなくても、深刻な影響はない。
Олимпиада-2022. Фигурное катание. Командный турнир - Sputnik 日本, 1920, 10.02.2022
フィギュア特集
ワリエワをめぐる状況:誤解それとも挑発?
一方、ワリエワが登録変更されたRTPアスリートは、必ず検査に対応できる60分の時間枠を毎日指定し、その時間帯にそこにいることを保証する居場所情報の提出が義務付けられている。
アスリートが特定した60分の時間枠おいてその場所で検査に対応できなかった場合、検査未了となる。12ヶ月の間に3回義務違反が累積した場合、最大2年間の資格停止が課されるドーピング防止規則違反となる可能性がある。
ロシアのプーチン大統領は先に、ワリエワはフィギュアスケートを本物の芸術の域に引き上げたが、こうしたことは何らかの「手段」によって達成できるものではないと述べた。
関連ニュース
ISU ロシアメンバーを除外 理事立候補も認めず
ワリエワ トゥトベリーゼ・チームに来て初めてフィギュアはホビーじゃないと分かった
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала