新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

アリのおかげで太古の哺乳類の新種10種を発見 米国

© AP Photo / Robert F. Bukatyマウス
マウス - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
米国の古生物学者らは、アリを使った発掘調査によって、10種の古代の哺乳類を発見することに成功した。この研究をまとめた論文が、学術誌「Paludicola」に掲載されている。
大きなアリ塚を作るシュウカクアリは、地中に眠る化石を塚の材料にすることがある。ノースダコタ州地質調査所の古生物学者らが、ネブラスカ州で19のアリ塚を調査したところ、6000点を超える化石を発見した。
研究者らがさらに調査をすすめたところ、これらの化石から太古の哺乳類の新種を10種発見した。その10種のうち、9種は新種のげっ歯類だったという。新種以外の化石には、霊長類の歯、太古のウサギの化石などが含まれていた。
パンダの「竹食」は600万年前から、研究で明らかに - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
IT・科学
パンダの「竹食」は600万年前から、研究で明らかに
研究者らによると、シュウカクアリが化石を集める能力があることは昔から知られており、アリ塚には哺乳類の化石が大量に見つかるという。今回見つかった動物の化石は3700万〜3400万年前に生息していたとみられており、研究者らは今後、現在よりも温室湿潤な気候でこれらの動物がどのように暮らしていたかを調査する予定だという。
関連ニュース
日本 徳島県で1億3000万年前のイグアノドン類の化石発見
化石の卵の中から卵 竜脚類では初の発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала