露サッカー選手の排除問題の審理始まる、スポーツ仲裁裁判所

© Sputnik / Антон Денисов / フォトバンクに移行露サッカー選手の排除問題の審理始まる、スポーツ仲裁裁判所
露サッカー選手の排除問題の審理始まる、スポーツ仲裁裁判所 - Sputnik 日本, 1920, 06.07.2022
ロシアのサッカーチームが国際大会への参加を禁じられたのは不当だとして、露サッカー連盟が国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)を相手取り、出場禁止の解除を訴えた訴訟で、スポーツ仲裁裁判所(CAS、本部、スイス・ローザンヌ)が5日、審理を開始した。初日の審理はオンライン形式で、6時間に及んだ。
2月末以降、ウクライナ情勢を理由にFIFAやUEFAはロシアチームの参加資格を剥奪。これに対し、露サッカー連盟は3月7日、出場停止を解除するようCASに提訴していた。
ロシアのスポーツ選手の除外を巡っては、露フィギュアスケート連盟や露馬術連盟も選手の参加資格剥奪の無効を求めCASに訴えを起こしている。
ウィンブルドン大会に出場したロシアのテニスプレーヤー、ダニール・メドベージェフ選手。アーカイブ写真 - Sputnik 日本, 1920, 05.07.2022
ウィンブルドン主催者に1億円超の罰金 ロシア・ベラルーシ選手の出場禁止をめぐり
これに先立ち露五輪委員会は4日、ロシア選手のスポーツ界からの排除に抗議する声明を発表。「スポーツ はいかなる状況においても政治の外にあるべきで、地政学的利益の為に選手を人質として利用してはならない。IOC などの国際スポーツ機関に公平に選手の権利を守るように求める」としている。
関連ニュース
国際バイアスロン連合、ロシア連盟の除名手続き開始
スポーツ仲裁裁判所、IOCとWADAの異議申し立てを受理 ワリエワの暫定資格停止処分解除をめぐり
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала