OECD諸国、5月の消費者物価指数9.6% 34年ぶりの高水準

© Fotolia / Andrey BurmakinOECD諸国、5月の消費者物価指数9.6% 34年ぶりの高水準
OECD諸国、5月の消費者物価指数9.6% 34年ぶりの高水準 - Sputnik 日本, 1920, 06.07.2022
日米や欧州諸国などの経済協力開発機構(OECD)加盟国の5月の消費者物価指数は年率9.6パーセントと、前月の9.2パーセントを上回り、1988年8月以来約34年ぶりの高水準を更新した。昨年同期(2021年5月)は3.9パーセントだった。
OECDが発表したデータによると、国別ではトルコ(73.5パーセント)やエストニア(20.0パーセント)、リトアニア(18.9パーセント)など10カ国が2桁以上の数字となった。日本は2.5パーセントとなっており、比較的上昇が緩やかだという。
品目別でみると、燃料価格は35.4パーセント(2022年4月は32.9パーセント)、食品は12.6パーセント(同11.5パーセント)などとなっている。
日本の電力大手4社、8月の電気料金値上げへ 燃料価格高騰で - Sputnik 日本, 1920, 29.06.2022
日本の電力大手4社、8月の電気料金値上げへ 燃料価格高騰で
価格の変動が激しい食品と燃料を除いた消費者物価指数は、6.4パーセント(同6.2パーセント)だった。
G7加盟国のインフレ率は7.5パーセント(同7.1パーセント)、G20加盟国では8.8パーセント(同8.5パーセント)となった。
関連ニュース
バイデン氏、米国での記録的なインフレを「プーチンの値上げ」と関連付ける
日本の消費者物価、2か月連続で2%超える
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала