Работа производственного объекта компании Сахалин Энерджи - Sputnik 日本, 1920
再編「サハリン2」をめぐる状況

「サハリン1 」は 「サハリン2 」と同様にロシアの管轄になるだろう=露下院委員長

© Sputnik / Nina Zotina / フォトバンクに移行ロシア国家院(ロシア下院)エネルギー委員会のパーヴェル・ザヴァルヌィ委員長
ロシア国家院(ロシア下院)エネルギー委員会のパーヴェル・ザヴァルヌィ委員長 - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2022
ロシア国家院(ロシア下院)エネルギー委員会のパーヴェル・ザヴァルヌィ委員長は7日の記者会見で、石油・天然ガスの開発プロジェクト「サハリン2」の運営主体をロシアの管轄に移すことはやむを得ない措置であり、「サハリン1」もロシアの管轄に移されるだろうとの見方を示した。
ザヴァルヌィ氏は、「サハリン2」を国際的な管轄から外すことを決めたのは、制裁と「その運用と実施に伴って生じた不確実性」によるものであり、「サハリン1」にも同様の措置が関係してくるだろうと述べた。
「サハリン1」の運営主体は、エクソン・ネフテガス社(米エクソンモービル社傘下)が30%の株式を保有している。3月上旬には、エクソンが撤退を検討していると報じられた。
ロシア副首相兼極東連邦管区大統領全権代表のユーリー・トルトネフ氏 - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2022
露トルトネフ副首相 韓国の起業家にクリル諸島への投資を呼びかけ
また、「サハリン1」の権益は、ロスネフチが20%、日本のSODECOが30%、インドのONGCビデッシュ社が20%をそれぞれ保有している。
SODECOは、日本政府、石油資源開発株式会社(JAPEX)、伊藤忠商事、丸紅、INPEXが出資している。
ロシアのユーリー・トルトネフ極東連邦管区大統領全権代表によると、現在、「サハリン1」の原油採掘は制裁を受けて22分の1となり、日量1万バレルに落ち込んでいると明らかにした。
関連記事
日本の対露制裁への報復にロシアが「サハリン1」「サハリン2」凍結の可能性 日本人専門家
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала