新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

天の川の中心付近 生命の起源につながる物質を大量に含む分子雲を発見

天の川 - Sputnik 日本, 1920, 09.07.2022
天の川の中心付近にある分子雲「G+0.693-0.027」に、生命の起源につながる物質であるニトリルが豊富に存在することが分かった。この発見をまとめた論文が、学術誌「Frontiers in Astronomy and Space Sciences」に掲載されている。
ニトリルは窒素を含む有機化合物の一種で、DNAやRNAなど複雑な分子の合成を活性化すると考えられている。そのためニトリルがあるということは、生命の起源につながる化学プロセスを引き起こした可能性がある。
スペイン、日本、チリ、イタリア、米国の天文学者からなる研究チームは、スペインにある電波望遠鏡で分子雲「G+0.693-0.027」の観測を行った。分子雲とは、星間分子雲とも呼ばれ、主に水素分子からなる星間ガス雲のこと。この分子雲の直径は約3光年、温度は3000ケルビン(約2730度)、質量は太陽の1000倍。
研究チームは今回、分子雲 「G+0.693-0.027」において、シアン酸 (HOCN) と 3 種類の C4H3N 異性体 (シアノアレンCH2CCN、プロパルギルシアン HCCCH2CN、シアノプロピン CH3CCCN) とシアノホルムアルデヒド (HCOCN) およびグリコニトリル (HOCH2CN) の痕跡を検出した。
成層圏まで飛翔し生還したハムスター - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
IT・科学
気球で23km上空まで飛んだハムスター、無事生還
ニトリルは加水分解されればアミド、カルボン酸に、還元すればアルデヒドやアミンに変換できるカルボン酸誘導体。グリコロニトリルとシアノアセトアルデヒドは、DNAやRNAの一部であるアデニンやシトシンなど、生命誕生において重要な役割を担っている。研究者らは、「G+0.693-0.027」でニトリルが豊富に見つかったということは、生命の起源につながる物質が宇宙で合成できることを裏付けるものだと指摘している。
関連ニュース
冥王星の衛星「カロン」の北極が赤い理由が判明
地球の近くで新たな多惑星系が発見される
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала