- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

日本 奈良県警本部長「警備に問題があったことは否定できない」 安倍元首相襲撃事件

© AP Photo / Wang Zhao日本 奈良県警本部長「警備に問題があったことは否定できない」 安倍元首相襲撃事件
日本 奈良県警本部長「警備に問題があったことは否定できない」 安倍元首相襲撃事件 - Sputnik 日本, 1920, 09.07.2022
日本の奈良県で演説中の安倍晋三元首相が銃撃されて死亡した事件を受け、奈良県警の鬼塚友章本部長は9日の記者会見で、警備に問題があったことは否定できないとの考えを示した。NHKが報じている。
記者会見で鬼塚本部長は「このような重大な結果が出たことを踏まえ、今回の安倍元総理大臣の警護、警備に関する問題があったことは否定できないと考えており、早急にその問題点を把握し、適切な対策を講じて参る」と述べ、謝罪した。
日本の安倍晋三元首相 - Sputnik 日本, 1920, 09.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
日本 逮捕の男 安倍元首相が宗教団体と関係があると思って狙った
鬼塚氏はさらに、「態勢なのか、配置なのか、警備員の個々の能力なのか、どうたったかについてはさまざまな問題点について早急に検討、見直しを行う」と述べた。
また警護計画書は当日に目を通して承認したと明らかにした。
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
岸田首相が選挙戦に全力投入を誓う 「公正な選挙は民主主義の根幹」「暴力に屈しない」
鬼塚氏は、今回の事件に県警本部長として責任を痛感しており、真相解明に向けて捜査を指揮し、警備上の問題を洗い出し、必要な措置に対応していくことが自らの責任だと考えていると述べた。
8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説中の安倍元首相が男に銃に撃たれて死亡した。朝日新聞によると、警備は奈良県警が警備部参事官をトップとする態勢で対応し、県警の警察官と警視庁から派遣された警護員(SP)が現場にいたという。
関連ニュース
安倍元首相の悲劇的な死 世界のリーダー達の反応は
安倍晋三氏 経歴と人生の足跡
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала