米国、ロシアの特殊作戦後に軍を近代化する=ディフェンスニュース

© US Army米国、ロシアの特殊作戦後に軍を近代化する=ディフェンスニュース
米国、ロシアの特殊作戦後に軍を近代化する=ディフェンスニュース - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
米陸軍参謀総長のジェームズ・マコンビル将軍は、米国はロシアの特別軍事作戦の進展を観察しながら、軍の近代化を検討していると述べた。ディフェンスニュースが報じた。
同氏は、米国が高精度打撃ミサイル(PrSM)、中距離能力(MRC)、拡大射程砲システム(ERCA)を含む高精度砲を開発することを決定したと語った。
マコンビル将軍は、ロシアの無人機に対する米国の大砲の有効性が低いことを認め、米国は装甲戦闘車両を開発する必要があると述べた。
マコンビル将軍は、ヘリコプターと航空機の性能を改善する作業が進行中であることを強調した。特に、長距離攻撃機やストライキ偵察機の開発が進んでいるという。
ロシアの第5世代戦闘機「Su-57」 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
最強の第5世代戦闘機は? 露米中の技術を比較
米軍の各部隊は2022年の兵員の採用目標を達成しようとしているが、兵役の資格を持つ米国人の数が今までで最も少なく、志願者も非常に少ないことから、米国防総省は人員確保の可能性に疑問を抱いている
関連ニュース
米主導のNATO加盟国とパートナー国の軍事演習が欧州で始まる
米軍戦闘機F-35が韓国に着陸 5年ぶりの合同演習
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала