アンデス山脈で数百人が「雪の罠」にはまり、足止め

© AFP 2022 / TELAM アンデス山脈で数百人が「雪の罠」
アンデス山脈で数百人が「雪の罠」 - Sputnik 日本, 1920, 11.07.2022
アルゼンチンからチリにつながるアンデス山岳地帯の高速道路で何百台ものトラックと乗用車が吹雪のため足止めとなった。サイト「Telam」が報じた。
アルゼンチン側では、すでに約500人が避難している。
7月9日から続く悪天候により、アルゼンチン側で2台のトラックによる衝突事故が発生したため、国境地点が通行止めとなり、チリへの移動ができなくなった。
10日になってようやく工事作業員が道路から車両を撤去し、人々を避難させることができた。
チリ側でも数百台の車が足止めをくらい、すでに約300人が「ロス・リベルタドーレス」の避難施設に移動している。 避難者には暖と食事が提供された。
予報によると、吹雪は少なくとも7月11日の夜まで続くという。
関連ニュース
イタリア氷河崩落:マルモラーダ山の悲劇
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала