東京地裁 東電福島第1原発事故で旧経営陣に13兆円の賠償命令

© AFP 2022 / Kazuhiro NogiTEPCO
TEPCO - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2022
福島第1原発事故での津波対策をめぐり、東電株主ら5人が旧経営陣5人に賠償を求めていた訴訟で、東京地裁は13日、4人の責任を認め、13兆円の賠償を命じた。産経新聞が報じた。
裁判では、14年に政府の地震調査研究推進本部が発表した地震予測「長期評価」の信頼性が争点となり、東電子会社が同評価にもとづき試算した「最大15.7メートルの津波が到来する可能性がある」という報告への旧経営陣5人の認識と事故予見性が問われていた。
東京電力福島第一原発が立地する福島県大熊町 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
日本 福島・大熊町の帰宅困難地域 11年続いた避難指示が解除
これまでの審理で株主側は、当時の会長と社長は試算結果の報告を受けており、残りの3人も報告を受け、防波堤などの設置の必要性を認識していたと指摘。そのうえで、旧経営陣が津波対策を先送りし、事故を招いたと主張していた。
東電側は、長期評価の信頼性を疑問視し、事故が発生するまでの対応は適正だったと反論していた。
日本政府 福島・葛尾村の避難指示解除へ 帰還困難区域として初
福島県田村市住民訴訟 東電に賠償命令
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала