コロナの感染拡大と景気後退に対する懸念で原油価格が7%以上の急落

© Sputnik / Maxim Bogodvid / フォトバンクに移行コロナの感染拡大と景気後退に対する懸念で原油価格が7%以上の急落
コロナの感染拡大と景気後退に対する懸念で原油価格が7%以上の急落 - Sputnik 日本, 1920, 13.07.2022
原油の需要低下に対する懸念から、世界的な原油価格は7%以上も値を落とし、ブレント原油先物の価格は1バレルあたり100ドルを下回った。
日本時間13日午前3時10分の時点で、ブレント原油先物(9月物)の価格は7.03%下落し、1バレル=99.57ドルとなった。WTI原油先物(8月物)は7.74%下落し、96.01ドルとなった。
中国の王毅外務大臣 - Sputnik 日本, 1920, 12.07.2022
中国外相、ASEAN加盟国に大国のチェスの駒にならないよう呼びかける
市場では複数の要因により原油価格が急落した。その主要な要因は、中国における新型コロナウイルスの感染拡大悪化で、再び規制措置が発動されることで原油の需要が低下すると懸念されている。その他、主要国の中央銀行が次々と金利引き上げを行ったことによる世界的な景気後退の可能性も指摘されている。
関連ニュース
IMFトップ、2023年に世界経済が後退する可能性を指摘
米国が対露制裁措置で「自らの足を撃った」=米経済学者
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала