ロシア産石油製品の中東への輸出 過去最大量=ブルームバーグ

© Depositphotos / Zurijeta海上石油掘削装置プラットフォーム
海上石油掘削装置プラットフォーム - Sputnik 日本, 1920, 14.07.2022
欧州連合(EU)がロシアのエネルギー資源を段階的に削減するのを背景に、ロシアから記録的な量の残渣油、ディーゼル燃料などの石油製品が中東に送られている。ブルームバーグが13日に報じている。
ロシアによるウクライナでの特別作戦の開始以降、2022年2月からロシア産石油製品の中東への輸出量が増加している。エネルギー分野の分析を行う企業「Vortexa」によると、特別作戦前は日量3万バレル未満だった出荷量が6月だけで15万5000バレルに達し、少なくとも2016年以来最大となった。
専門家らは、ロシア産石油製品の中東への輸出量は、6月に記録した日量22万バレルを間もなく上回るだろうと予想している。
米財務省 - Sputnik 日本, 1920, 12.07.2022
米国、石油価格が1バレル=140ドル前後まで上昇する可能性を懸念 対露制裁措置を背景に=ロイター
ロシアから中東に輸出される石油製品の大部分は、軽油やガソリンなどの留分を留出させた残渣油であり、発電用に使われることが多い。同社によると、ロシアからの輸入製品の中には、ガソリン、ジェット燃料(ケロシン系燃料)、ディーゼル燃料、それ以外の複数の石油製品も含まれているという。
関連記事
ドイツ ロシア産の石炭と石油の供給停止時期を発表
日本 ガスの使用制度を検討=ロイター
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала