新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

宇宙で最も強い磁場が発見される

© AFP 2022 / ESO/M. Kornmesser/Nick Risinger 宇宙
宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
中性子星を含むX線連星「Swift J0243.6+6124」において、宇宙で最も強い磁場が観測された。この観測結果をまとめた論文が、学術誌「ジ・アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ」に掲載された。
中性子星とは、ほぼ中性子だけでできた天体で、質量の大きな恒星が超新星爆発した後に残る天体。X線連星は、中性子星を伴星にもつ近接連星のことで、X線を放出する。
中国科学院高エネルギー物理学研究所と独エバーハルト・カール大学テュービンゲンの研究者らは今回、硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」を用いて「Swift J0243.6+6124」で146キロ電子ボルトのサイクロトロン吸収線を発見した。このエネルギーは、16億テスラ以上の中性子星の表面磁場に相当するもので、宇宙で最も強い磁場の観測記録を更新した。
中性子星の表面磁場の測定は、サイクロトロン吸収線を検出することで可能となる。今回の測定は、これまで宇宙全体で測定した最高記録を更新しただけでなく、X線源で中性子星の表面磁場を測定した初めての例となった。
宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
IT・科学
研究者らが解明 宇宙飛行が宇宙飛行士の骨に与える影響
スプートニクは以前、米航空宇宙局(NASA)の望遠鏡が「最も深い宇宙」の姿を撮影したと報じた。
関連ニュース
天の川の中心付近 生命の起源につながる物質を大量に含む分子雲を発見
火星で生命体の痕跡を探すために必要な掘削深度 NASAが予測
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала