中国、イラン、トルコのハッカーが米国のジャーナリストを定期的に攻撃=米サイバーセキュリティ企業

© Flickr / Yuri Samoilovサイバー攻撃
サイバー攻撃 - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
米紙ザ・ヒルは14日、米サイバーセキュリティ企業プルーフポイントのレポートを引用し、中国、北朝鮮、イラン、トルコの政府が支援するハッカーたちが、ネットワークに侵入して機密情報にアクセスするために米国のジャーナリストたちを定期的に追跡し、攻撃したと報じた。
レポートによると、ハッカーらはさまざまな手口でジャーナリストたちを攻撃した。ジャーナリストらのネットワーク、仕事用メール、SNSアカウントにアクセスするために、フィッシングメールが送信されるなどしたという。
仮想通貨取引所 - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
バイナンス 北朝鮮のハッカーに盗まれた7億4500万円を回収
レポートでは、通常ハッカーらはさまざまなメディアの代表者を装っており、自国の政府に「独自のアクセスと情報」を提供する可能性があると述べられている。
レポートによると、2021年初頭から、中国の支援を受けたハッカーらが、米国の政治や国家安全保障を専門にしている米国のジャーナリストらに対して数多くのフィッシング攻撃を実行した。
プルーフポイントは、トルコ、イラン、北朝鮮のハッカーたちによる同様のサイバー攻撃も発見したという。
関連ニュース
イーロン・マスク氏、スターリンクへのサイバー攻撃を「活発化」したとして「ロシア」のハッカーを批難
リトアニアにサイバー攻撃 国全体の「ネット遮断」は可能か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала