ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア軍、ウクライナ軍司令部の会合場所を攻撃 将校や外国の武器サプライヤー死亡

© Sputnik / Ministry of Defense of the Russian Federation / フォトバンクに移行イーゴリ・コナシェンコフ
イーゴリ・コナシェンコフ - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
ロシア軍は14日、ウクライナ軍司令部と外国の武器サプライヤーが会合を開いていたウクライナ中部ヴィーンヌィツャの将校会館を海上発射型高精度ミサイル「カリブル」で攻撃した。会合の参加者たちは死亡した。15日、ロシア国防省のコナシェンコフ報道官が発表した。
コナシェンコフ氏によると、会合では、ウクライナ軍への新たな航空機や兵器の供与、ウクライナの航空機の修理などについて協議されていた。
先にロシアは、ウクライナへの兵器供給をめぐり、米国を含むすべての国に外交文書を送付した。ロシア外務省のラブロフ外相は、ウクライナに対する支援物資はいずれもロシア側にとって正当な攻撃目標になると牽制した。ロシア大統領府のペスコフ報道官も同じくコメントを発表し、ウクライナに西側から兵器を供与することは停戦交渉の助けとはならず、否定的な効果をもたらすに過ぎないと評価していた。
関連記事
英国の武器供与、期間が長ければ長いほどウクライナはより苦しむ=駐英ロシア大使
西側がウクライナに供与した武器は中東や闇市場に流れている=ショイグ国防相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала