スペイン襲う酷暑、3日間で84人死亡

© AP Photo / Andrea Comasスペイン・マドリード(アーカイブ写真)
スペイン・マドリード(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 16.07.2022
スペイン保健当局は15日、熱波に見舞われた10~12日の3日間で、暑さによりスペイン全国で84人が死亡したと明らかにした。今月10日以降、スペイン各地で40度を超える最高気温が観測されていた。「Euro Weekly News」などが伝えている。
「Euro Weekly News」などによると、スペイン全国で10日に15人、11日に28人、12日に41人が暑さにより死亡した。この3日間でスペインやポルトガルの南部では、最高気温が45度に達した地域もあった。暑さは来週まで続くと予想されている。
スペインでは6月11~20日にも熱波に見舞われ、計829人が暑さにより死亡した。政府はスペイン国民に対し、水分補給をしっかりし、過度な運動を控え、できる限り屋内で過ごすよう呼び掛けている。
酷暑 - Sputnik 日本, 1920, 06.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
酷暑と「サハリン2」 日本のエネルギーが直面した2つの挑戦
日本でも今夏、記録的猛暑が観測されている。6月20~26日の全国の熱中症による搬送者数は4551人となり、6月としては過去最多となっていた。
関連ニュース
日本・長野 高校の催しで熱中症 生徒20人搬送、3人重症
エアコンの節電への意識は4割程度 ダイキン工業調査
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала