フランス革命・バスティーユ襲撃記念日で花火が暴発 7歳男児とその姉が死亡

© 写真 : Pixabay / Briam-Cuteフランス革命・バスティーユ襲撃記念日で花火が暴発 7歳男児とその姉が死亡
フランス革命・バスティーユ襲撃記念日で花火が暴発 7歳男児とその姉が死亡 - Sputnik 日本, 1920, 16.07.2022
フランス革命の象徴となったバスティーユ襲撃記念日の14日、祝賀花火が暴発し7歳の男児と24歳の姉が死亡する事故があった。フランス紙「Ouest-France」が伝えている。
同紙によると、事故はフランス西部・メーヌ=エ=ロワール県のショレで、現地時間14日午後11時(日本時間15日午前6時)ごろに発生。地元捜査当局によると、原因は「花火玉の損傷」とみられている。
死亡した2人は花火の打ち上げ場から約60メートル離れたところにいた。また、2人の家族とみられる男性1人もけがをして病院で治療を受けたという。
米国旗とピストル - Sputnik 日本, 1920, 06.07.2022
独立記念日で3連休の米国、発砲事件で約200人死亡
バスティーユ襲撃は1789年7月14日、フランス・パリで王の圧政に耐え兼ねた市民らが同市内のバスティーユ牢獄を襲撃し、陥落させた事件。現在では7月14日がフランス革命の始まった日とされ、仏国民の統合を祝う祭りとなっている。
関連ニュース
仏グルノーブルで男がカラシニコフ銃を手に市内を移動、警察に射殺される
盗難被害のキリストの血が入った聖櫃、探偵が発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала