世銀・国連機関など、食糧危機で各国に貿易制限の解除求める

© Sputnik / Vitaliy Timkiv世銀・国連機関など、食糧危機で各国に貿易制限の解除求める
世銀・国連機関など、食糧危機で各国に貿易制限の解除求める - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
世界銀行や国連食糧農業機関(FAO)などは世界で広がる食糧危機の解決のため、各国に貿易制限の解除を求める異例の共同声明を発表した。ウクライナ情勢を背景とした欧米とロシアの制裁合戦やその余波による各国の食糧輸出制限に釘を刺した格好だ。
WFPによると、現在、世界82カ国の3億4500万人が食糧不足に瀕している。25カ国が食糧輸出を制限したことで、この1年で肥料価格は約2倍に膨れ上がったという。
共同声明は15日付で、世銀、FAOのほか、世界貿易機関(WTO)、国際連合世界食糧計画(WFP)、国際通貨基金(IMF)の計5組織の長が連名で発表した。
声明では新型コロナウイルスのパンデミックやウクライナ情勢を背景に生じたサプライチェーンの問題によって、食糧や燃料、肥料などの市場機能が崩壊したと指摘。この、食糧危機の解決のため各国に輸出制限の解除や貧困層への支援や生産の拡大、農業への投資などを求めている。
ロシアに対する西側の一方的な制裁は世界的な不況につながる=ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
ロシアに対する西側の一方的な制裁は世界的な不況につながる=ロシア外務省
これまでに、トルコ・イスタンブールで開かれたウクライナからの穀物輸出に関するロシア、ウクライナ、国連、トルコによる協議で、ロシアが提案した案で4者が大筋合意した。具体的な内容は近く「黒海イニシアティブ」として文書化されるという。
関連ニュース
「穀物問題」協議が終了 イスタンブールで
ウクライナ危機を原因とする栄養失調、2022年に1300万人、2023年に1700万人=国連食糧農業機関
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала