新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

脳に悪影響を与えない適度な飲酒量は? 研究で明らかに

© Depositphotos / Silian脳に悪影響を与えない適度な飲酒量は? 研究で明らかに
脳に悪影響を与えない適度な飲酒量は? 研究で明らかに - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
週に約56グラム以上のアルコールを摂取すると、脳の機能に悪影響をもたらすとする論文を英オックスフォード大学の研究チームが発表した。論文は学術誌「PLOS Medicine」に掲載されている。
研究チームは約21000人を対象にMRTによる脳の画像診断と飲酒の習慣についての調査を行った。
その結果、週に7ユニット(56グラム)以上の飲酒をした場合、脳内の鉄分レベルの上昇を招き、動作や学習、認知、感情などに影響をもたらすことが明らかになった。
7ユニットとは種類やメーカーによっても異なるが、アルコール度数5度のビールやチューハイでは約1.5リットル、15度の日本酒やワインだと約500ミリリットルの計算となる。
ビーチで日光浴を楽しむ女性 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
まぜるな危険!アルコールと海水浴、専門家が説明
1週間に7ユニットを超える飲酒は、アルツハイマー病やパーキンソン病になるリスクを高めると考えられているほか、脳機能への悪影響も懸念されている。
スプートニクは以前、ロシアの神経科医が語った認知症の最初の兆候について報じている。
関連ニュース
102歳の英国女性、長寿の秘訣はお酒と明かす
船上でオシャレにシャンパンを... しかし開け方に失敗、そのまま海へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала