西洋支配の時代が終わる=ブレア元英国首相

© 写真 : Pixabay / nali_wike 西洋支配の時代が終わ=ブレア元英国首相
西洋支配の時代が終わ=ブレア元英国首相 - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
英国のトニー・ブレア元首相はディッチリー財団のイベントで、西側の政治的および経済的支配の時代は終わりに近づいており、世界は二極化および多極化に向かって進んでいると述べた。
ブレア氏は「今世紀の最大の地政学的変化は、ロシアではなく中国から来るだろう。我々は西側の政治的および経済的支配の終わりに近づいている。世界は少なくとも二極、そしておそらく多極になるだろう」と語った。
政治家は中国を「世界第2の超大国」と呼んだ。ブレア氏によると、中国の習近平国家主席は、北京の支配下で台湾を返還するという意図を隠していない。また、ブレア氏は習氏の主導下で中国が積極的に影響力のために戦っていると述べた。ロシアとイランは北京の同盟国になるという。
台湾をめぐる西側と中国の対立は、ロシアとの対立より甚大な損失を生む=英紙 - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
台湾をめぐる西側と中国の対立は、ロシアとの対立より甚大な損失を生む=英紙
同氏は、中国に対する「強さと関与」の政策を支持している。中国の将来の地位がもたらすものに対処するために「十分に強くなる」必要があるが、完全に「離脱」したり、協力や相互作用のラインを閉じたりすることを求めてはならないという。
さらにブレア氏は、西側は国防費を増やし、軍事的優位性を維持すべきだと述べたが、「ソフトパワー」の重要性を強調した。
関連ニュース
NATOと上海協力機構の拡大を同列に語るべからず=張事務局長
中国 2022年上半期のGDPは2.5%増=国家統計局
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала