顧客の搾取か、利便性向上か BMW韓国、座席暖房の利用を月額制に

CC0 / / BMW
BMW - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
BMWはこのごろ、韓国でシートヒーター(座席暖房)やドライブレコーダーの利用に月額制を導入した。米技術系情報サイト「The Verge」が伝えている。ただでさえ高い購入費や維持費にさらに月額料金が加わるとなると、ドライバーからは反発が上がりそうだ。
「The Verge」によると、これらの機能は購入時から搭載されているが、月額料金を払わなくては利用できないという。携帯から専用アプリから登録と支払いを済ませれば、追加で販売店に赴く必要はない。
座席を温めるヒートシート機能は日本円で月額約2500円、1年で約25000円、3年で約41600円。ほかにもハンドルを暖める機能が月額約1400円、ハイビームのアシスタント機能が約1200円、車内・車外を撮影するドライブレコーダーが約1500円などとなっている。
トヨタが発表した「クラウン」 - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
トヨタ、16代目新型「クラウン」を世界初公開 「クロスオーバー」など4種類
ヒートシートの月額制は英国、ドイツ、ニュージーランド、南アフリカなどでも始まっているというが、公式サイトを見る限りでは米国や日本ではまだ導入されていないようだ。
各ドライバーが自らの必要性に合わせ、追加機能をカスタマイズできる点では利便性が向上したといえよう。だが一方で、ただでさえ高額の自動車を購入した顧客からさらに月額料金を「搾取」しているとも捉えられかねず、波紋を呼びそうだ。
関連ニュース
スズキ、MotoGP参戦終了を発表 2022年シーズン限り
中国BYD 電気自動車販売数でTesla抜き、世界1位に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала