世界陸上 男子マラソン 西山雄介が世界陸上日本人最高記録で13位 

© AP Photo / Ashley Landis米オレゴンで開催中の第18回世界陸上競技選手権大会
米オレゴンで開催中の第18回世界陸上競技選手権大会 - Sputnik 日本, 1920, 18.07.2022
米オレゴンで開催中の第18回世界陸上競技選手権大会は現地時間17日、男子マラソンが行われ、日本からは西山雄介と星岳の2選手が出場、西山は世界陸上の日本人最高記録となる2時間08分36秒で13位、星は2時間13分44秒で38位だった。日本のマスコミが報じた。
日本記録保持者の鈴木健吾は、新型コロナウイルス陽性で欠場した。
1位は、エチオピアのタミラト・トーラ。トーラは、2時間05分36秒の大会新記録で優勝した。
THE ANSWRによると、西山はレース後、「率直に世界の壁は高い。(全体のペースは)最初から遅かったので、30キロのペースアップはわかっていた。前で構えていようと意識していたけど、アップダウンのところでペースの上げ下げがあって、足を使って対応できなかった。足に来ていた。悔しいに尽きます」と語った。
星は「世界陸上の舞台はペースメーカーがつかない。そこで対応できる力がなかった。楽しむ余裕はなかった」と振り返った。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала