ロシアとウクライナの食糧を直ちに世界市場に戻すことで飢餓を回避できる=国連事務総長

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行国連のグテーレス事務総長
国連のグテーレス事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 19.07.2022
国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、食糧安全保障に関するイベントでビデオ演説を行い、ロシア産およびウクライナ産の食糧とロシア産肥料を直ちに世界市場に戻すことで、今年、世界の多くの地域で飢餓を回避することができると述べた。
会場で上映されたビデオメッセージで、グテーレス氏は「今年は多くの地域で飢餓が発生する恐れがある。来年はさらに状況が悪化するかもしれない。しかし、思い切った協調的な政策手段を打ち出すために、いま力を合わせて行動すれば、この惨事を免れることができる」と語った。
グテーレス氏は「これは、ウクライナの食糧生産とロシアの食糧・肥料を直ちに世界市場に戻し、開かれた国際貿易を保つことを意味する」と付け加えた。
ウクライナ危機を原因とする栄養失調、2022年に1300万人、2023年に1700万人=国連食糧農業機関 - Sputnik 日本, 1920, 07.07.2022
ウクライナ危機を原因とする栄養失調、2022年に1300万人、2023年に1700万人=国連食糧農業機関
また、同イベントに出席した国際連合貿易開発会議(UNCTAD)のグリンスパン事務局長も「紛争があっても、ウクライナの食糧とロシアの食糧・肥料の世界市場への戻すことが鍵となる」とし、「各国は貿易に不必要な制限を加えることで状況を悪化させるべきでない」と指摘した。
13日、トルコ・イスタンブールで開かれたウクライナからの穀物輸出に関するロシア、ウクライナ、国連、トルコによる協議で、ロシアが提案した案で4者が大筋合意した。具体的な内容は近く「黒海イニシアティブ」として文書化されるという。
関連ニュース
世銀・国連機関など、食糧危機で各国に貿易制限の解除求める
国連事務総長の行動は食糧危機を長引かせている=露外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала