ロシア サル痘の流行株などに対する万能ワクチンを開発

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行研究室のメンバー
研究室のメンバー - Sputnik 日本, 1920, 20.07.2022
ロシア連邦医療生物庁(FMBA)の専門家らは、サル痘の流行株などに対する万能ワクチンを開発し、その効果を調査する前臨床試験の準備が進めている。同庁のプレスサービスが20日に発表した。
12日、ロシアで初めてサル痘の患者が確認された。感染者は若い男性で、ヨーロッパ旅行から帰国後に特徴的な発疹が出て病院に行ったところ、サル痘と診断された。
現在、サル痘に対する特別なワクチンは存在しないが、天然痘ワクチンを接種することでサル痘に対して85%の予防効果があるという。
これよりも前、日本の厚労省は、将来の感染症流行に備えた国産ワクチンの開発について、サル痘など8種類の感染症を開発の支援対象にしたと報じた。
関連記事
サル痘ウイルス、予想以上の速さで変異 研究結果
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала