ロシアが参加するエジプト初の原発の建設がスタート

© 写真 : The State Atomic Energy Corporation ROSATOMエジプト初の原子力発電所「エル・ダバ原子力発電所」のプロジェクト
エジプト初の原子力発電所「エル・ダバ原子力発電所」のプロジェクト - Sputnik 日本, 1920, 20.07.2022
ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」は、ロシアが参加するエジプト初の原子力発電所「エル・ダバ原子力発電所」の建設が20日に開始されたと発表した。この原発の建設予定地ではコンクリート打設式が行われ、原発の建設がスタートした。
エジプトは60年ほど前から原発の建設を強く望んでいたが、ロスアトムにとってもこれは特別なプロジェクト。大規模の受注であるというだけでなく、同社にとってアフリカ大陸で初の原発となりるためだ。このプロジェクトの契約金額は数百億ドルとみられており、同社のアレクセイ・リハチョフ社長は、この契約はロシア史上最大の非コモディティ輸出契約だと述べている。
BRICS - Sputnik 日本, 1920, 14.07.2022
BRICSの代表が発表 フォーラムの今後の拡大について
エル・ダバ原子力発電所は、エジプトの首都カイロから350キロ離れた地中海沿岸のマトルーフ県に建設される。この原発には第3世代+(プラス)原子炉「VVER-1200」が4つ建設され、総発電量は約480万キロワットとなる予定。
エジプトは、このプロジェクトを持続可能な開発戦略の重要な部分とみている。第一に、エジプトのエネルギー供給システムの信頼性を向上させ、国の経済や産業界からの電力需要の増加に対応できるようになるからだ。さらに、この原発は、エジプト政府にとって貴重な炭化水素資源である石油や天然ガスの保全・無駄のない利用にも貢献することになる。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала