日本 ネットカフェ32時間立てこもり、被告に懲役20年

埼玉 - Sputnik 日本, 1920, 20.07.2022
日本では20日、2021年6月に埼玉県のネットカフェで女性従業員を人質にとって立てこもり、けがをさせた罪などに問われている林一貴被告(41)の裁判が行われ、さいたま地裁は被告に懲役20年の実刑を言い渡した。
林被告は当時、さいたま市大宮区のネットカフェで女性従業員を人質に32時間立てこもり、逮捕監禁傷害などの罪に問われていた。検察側は長時間におよぶ監禁は「過去に類をみないほどの悪質」であるとして懲役20年を求刑し、弁護側は監禁時に女性は逃げ出すことは可能だったとして、懲役5年を求めていた。
6日の初公判で林被告は、「監禁した部分は合っているが、他は間違っている」と起訴内容を否認。被告は別の事件で服役し、社会生活がうまくいかず、その不満を社会に伝えるために立てこもり事件を起こしたと説明していた。
関連記事
埼玉ネットカフェ立てこもり 逮捕の男「事件を起こせば刑務所に戻れると思った」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала