EU 5月にロシア産石炭の輸入を大幅拡大

© Sputnik / Alexei Kudenko石炭
石炭 - Sputnik 日本, 1920, 20.07.2022
EUは5月に主に海上輸送でロシア産石炭の輸入量を拡大したが、現在はロシアに替わる調達先を探しており、6月の輸入量は大幅に縮小している。一方のロシアはトルコ、インド向けの輸出量を増やしている。
EUによるロシア産石炭の購入量は、ロシア産エネルギー資源禁輸が宣言された4月と比較して8割増。Eurostatの最新情報によると、EUの5月の石炭購入量は470万トンで11億ユーロ(約1550億円)、対する4月は260万トンで7億ユーロ(約986億円)だった。禁輸が正式に効力を発するのは現行契約が終了する8月だ。
イラン石油 - Sputnik 日本, 1920, 19.07.2022
露ガスプロム イラン国営企業と協力メモランダム締結 資源開発にパイプライン敷設
フィナンシャル・タイムズ紙はアナリストの話として、6月にEUはロシア産石炭輸入を170万トンまで大きく減らしたとしているが、この間の公式統計は今のところ出ていない。
EU域内の割合としては、輸入量の約半分はオランダが占めている(220万トン、4月比で4倍増)。ポーランドはかつてロシア石炭の主要な買い手であったが、5月には輸入量を95%減らし19200トンの調達となった。ポーランドは現時点で代替を見つけていない。モラヴィエツキ首相は17日、同国は近いうちに石炭入手の問題に直面すると発言している。
制裁発動以前は、EUの石炭輸入の65%はロシアに頼っていた。すでに世界は石炭不足にあることから、同量を確保することは非常に困難で、追加量を提供できるのはコロンビアと米国の2か国のみとされている。
ロシアは輸出先をアジアに切り替えており、主な購入者は中国とインドになる。日本と韓国はすでにロシア産石炭の輸入を削減する方針を発表している。
関連記事
欧州は熱波のためにエネルギーの嵐に直面する=専門家
欧州はロシア産ガス供給再開に期待している?カナダ、対露制裁に反してパイプライン用タービン返却
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала