米国人は軍に入隊することを望んでいない=米国防総省

© AFP 2022 / Saul Loebペンタゴン
ペンタゴン - Sputnik 日本, 1920, 21.07.2022
米軍は深刻な新規入隊者不足に直面しており、これに関連して米国防総省は米軍の兵力を削減する計画。
米国人は軍に入隊することを望んでいないという。2022年の米軍の兵員数は1万人不 足し、2023年には不足がさらに深刻化すると懸念されている。
米軍のジョセフ・マーティン将軍によると、2022年の兵員数は予想される47万6000 人ではなく約46万6400人となり、来年は44万5000人まで減少する可能性があるという。
今のところ、軍は6万人の兵士採用目標の半分しか達成しておらず、さらに10月1日 までに目標達成率は25%まで低下する可能性があるとされる。
クリスティン・ウォーマス米陸軍長官は、兵力削減は最良の選択肢だと考えている という。
関連ニュース
米国防総省、ウクライナに多連装ロケット砲ハイマース4基追加供与へ
米国防総省の運搬ロケット「ミノタウロス」が発射テストで爆発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала