中国は台湾を管理するため武力を使用=CIA長官

© 写真 : Tom Williams 米国中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官
米国中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官 - Sputnik 日本, 1920, 21.07.2022
米国中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官は、中国は今後10年間、台湾を管理するため武力の使用を決定していると考えている。
アスペン・セキュリティ・フォーラムで同長官は、「私たちは、問題は、中国当局が台湾を管理するために武力行使に踏み切るかどうかではなく、いつ、どのようにそれを行うかだと考えている」と表明した。
同長官は、台湾の管理を確立しようとする中国指導部の決意を過小評価してはならず、中国の指導者、習近平国家主席は自国軍の能力を確信していると強調した。バーンズ長官によれば、この10年以内に、台湾の管理を確立するための強力な試みが行われる可能性があるという。
CIA長官はまた、ウクライナにおけるロシアの特別作戦が、起こる恐れのある台湾への中国の攻撃に影響を与えたと強調した。
また、秦剛駐米中国大使は、同フォーラムで発言し、中国政府は台湾との戦争を望んでおらず、平和的な統一のためにあらゆることを行うと述べた。また、同大使は、「台湾海峡の両岸にいる人々は私たちの同胞だ。同胞との戦いは、私たちの最後の選択だ」と語った。
関連ニュース
中国が日本に重大な申し入れ 安倍元首相の葬儀への台湾副総裁の出席で
中国軍、台湾を切り取ろうとする者といつでも戦う準備がある=中国国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала