伊大統領、9月25日に議会選挙実施を定めた大統領令に署名

© Sputnik / Segery Guneev / フォトバンクに移行伊大統領、9月25日に議会選挙の実施に関する大統領令に署名
伊大統領、9月25日に議会選挙の実施に関する大統領令に署名 - Sputnik 日本, 1920, 22.07.2022
イタリアのマリオ・ドラギ首相は連立政権の結束の乱れを受け、セルジョ・マッタレッラ大統領に辞表を提出した。大統領はこれを受理して議会の上下両院を解散し、2022年9月25日に議会選挙を行うことを定めた大統領令に署名した。最初の議会は10月13日に開かれる見通し。イタリア大統領府が発表した。
マッタレッラ大統領はドラギ首相とラモルジェーゼ内務大臣の辞表を受け入れた。イタリアではドラギ首相がほぼすべての政党が参加する連立政権を率いてきたが、20日に行われた内閣の信任投票で連立を組む主要な3つの政党が政権運営への不満を理由に投票を棄権した。
政局混乱のイタリア ウクライナへの兵器供与どころではない - Sputnik 日本, 1920, 17.07.2022
政局混乱のイタリア ウクライナへの兵器供与どころではない
これで2023年春に予定されていた議会選挙は2022年9月に前倒しされる形となる。秋に議会選挙が行われるのは、過去100年間で初めて。また、イタリアでは2020年の国民投票で議員数を現在の約1000人から600人にまで削減することが定められた。そのため、新たに選ばれる議員の数は大幅に減少する。
ドラギ首相は新型コロナウイルスで打撃を受けた経済の回復を進めるとともに、ウクライナ情勢をめぐってドイツやフランスと歩調をあわせ、ロシアに対する制裁の強化やウクライナへの武器支援などを積極的に進めてきた。
イタリアでは物価の高騰や、輸入量の40%を占めるロシア産天然ガスへの依存を減らすことも大きな課題となっており、政治の混乱が長期化することで経済や外交に影響が及ぶことへの懸念が高まっている。
関連ニュース
ロシア産ガス供給途絶で、欧州諸国のGDPは6%の圧迫=IMF
欧州で記録的な暑さ:山火事、水位低下、人的被害
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала