南クリル諸島 元島民らによる「洋上慰霊」始まる

CC BY-SA 4.0 / Bigwumpus / Raikoke (cropped image)南クリル諸島(日本側の定義では「北方領土」)
南クリル諸島(日本側の定義では「北方領土」) - Sputnik 日本, 1920, 23.07.2022
南クリル諸島(日本側の定義では「北方領土」)では、元島民らが船から先祖を供養する「洋上慰霊」が23日から始まった。NHKが報じている。
ウクライナにおけるロシアの特別軍事作戦の影響により、「北方墓参」や「ビザなし交流」などの南クリル諸島との交流事業が見送られている。
こうした中、千島歯舞諸島居住者連盟と北海道は、故郷の島を訪問できない元島民らの要望を受け、船から先祖を供養する「洋上慰霊」を23日から10回にわたり実施する。
NHKの報道によると、23日は元島民や家族など42人が参加し、チャーター船「えとぴりか」に乗り込み、根室港を出発した。
当初はハボマイ群島(日本側名称:歯舞群島)の手前まで進む予定だったが、悪天候により、その手前の洋上で慰霊祭が行われた。
洋上慰霊は8月10日にかけて10回行われ、全国から計331人が参加する予定。
関連ニュース
地対空ミサイルシステム「S-300 V4」 クリル諸島での演習で敵の襲撃を撃退
日本はクリル諸島に関する報復主義的な意図を積極化している=パトルシェフ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала