FBI、ファーウェイが米国の核兵器に関する情報を盗む能力があったと指摘=CNN

© Fotolia / Andrea IzzottiFBI、ファーウェイが米国の核兵器に関する情報を盗む能力があったと指摘=CNN
FBI、ファーウェイが米国の核兵器に関する情報を盗む能力があったと指摘=CNN - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
米連邦捜査局(FBI)は中国の大手通信機器メーカー「華為(ファーウェイ)」が核兵器能力を含む米軍の機密データに関する情報を傍受し、中国政府に譲渡する技術的可能性を持っていたとの結論に至った。CNNテレビが報じた。
報道によると、この調査は少なくともバラク・オバマ大統領時代には始まっていたものの、米国の公的人物はその結果について公表してこなかった。この調査は極めて機密レベルが高かったことから、ホワイトハウスやその他の機関の高官らでさえその存在について2019年に至るまで知らなかったという。現時点において、米国のミサイル・サイロ(Missile silo)近くに設置されたファーウェイの通信施設により、実際に何かしらの機密情報が傍受されたかについては明らかにはされていない。
中国ファーウェイ - Sputnik 日本, 1920, 10.07.2022
中国ファーウェイCEO 制裁で米Appleとの市場独占を阻まれたと語る
調査に詳しい消息筋がCNNに証言したところによると、 ファーウェイの施設は商業用の通信トラフィックや暗号化された軍のラジオ電波を傍受できたほか、極めて重要な通信技術を破壊する能力があったという。さらに中国政府に米軍の核能力に関する情報を提供した可能性がある。
FBIのジョン・ランカート(John Lenkart)元上級捜査官がCNNに語ったところによると、調査の初期段階でFBIは技術的な側面だけでなく、ビジネス、ファイナンスの点からも捜査を行っていたという。特にFBIのエージェントらは米国のどこにファーウェイの施設が集中してるかを分析したほか、投資金返却の観点で意味を持たないような契約も分析したとのこと。これらの捜査結果により、FBIは諜報対策上で多くの問題を明らかにしたという。
FBIは、ファーウェイの施設が米国防総省の周辺で通信を傍受し、さらには通信網を破壊する能力があったとの結論に至った。
関連ニュース
カナダがファーウェイとZTEの国内での使用を禁止 中国外交部が抗議
中国外交部、世界にとっての主要な脅威を指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала