イタリア南岸、移民の流入が急増 トロール船で5人の遺体発見、約700人を救助

© 写真 : Mediterranea Saving Humansイタリア沿岸、移民
イタリア沿岸、移民 - Sputnik 日本, 1920, 25.07.2022
イタリア南西部カラブリア州の沖合100海里以上の地点で、トロール船から5人の遺体が発見された。24日、イタリア沿岸警備隊が発表した。
救助活動は23日、財務警察の船、商船、3隻の沿岸警備隊の船によって行われた。
ここ数日の好天候により、イタリア南岸への移民の流入が増加した。シチリアのメディアによると、地理的にアフリカに最も近い地点の一つであるランペドゥーザ島の移民受け入れセンターには、1200〜1400人が収容されている。La Siciliaは、この施設の収容人数は最大350人だと指摘している。また、Il Giornale紙の報道によると、1日で750人の移民がランペドゥーザ島に到着した。
イタリア内務省の最新の統計によると、1月1日から7月22日までに海路で入国した移民は3万4000人にのぼる。 2021年の同時期は2万5000人だった。2021年、海路で入国した移民は計6万7500人。2020年には、3万4000人がイタリアの海岸に上陸した。
関連ニュース
イタリア氷河崩落:マルモラーダ山の悲劇
イタリア、干ばつ被害の5地域に非常事態宣言
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала