東京五輪組織委員会元理事への資金提供疑惑、東京地検が家宅捜索を開始

東京五輪 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
東京五輪・パラリンピック組織委員会の高橋治之元理事(78)の会社が、大会スポンサーだった紳士服大手AOKIホールディングスからコンサルタント料として計約4500万円を受領していた問題で、東京地検特捜部は26日、高橋氏宅や関係先の捜査を開始した。NHKなどの日本メディアが報じている。
NHKの報道によると、東京地検特捜部は、東京都内の高橋氏の自宅やスポンサーの選定に関わっていた大手広告会社・電通本社などの関係先を捜索し、強制捜査に乗り出した。
高橋氏の会社は、紳士服大手「AOKIホールディングス」側とコンサルタント契約を結び、数千万円を受け取っていたとみられている。
東京五輪 - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2022
東京五輪の経費 招致段階から倍増 1兆4238億円に
「AOKIホールディングス」は組織委員会とスポンサー契約を結び、公式ライセンス商品として販売している。創業者の青木拡憲前会長(83)は、任意の調べに対し、資金提供を認めたうえで、「元理事の人としての力に期待した」などと供述しているという。
組織委員会の理事は「みなし公務員」とされ、金銭を受領は刑法の収賄罪に当たる可能性がある。特捜部は、押収した資料を分析し、資金の流れや現金提供の趣旨などについて立件の可否を検討するとみられる。
高橋氏は、これまでのNHKの取材に対し、「スポーツコンサルタントとして通常の業務契約を結んだだけで、オリンピックに関し、便宜を図ったことは全く無い」と話している。
関連ニュース
横領の容疑で全日本私立幼稚園連合会前会長ら逮捕、6億5000万円が使途不明
宮城県大崎市で税金102万円が紛失 金庫から盗難か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала