パリ五輪の安全開催には多くの疑問がつきまとう

© Sputnik / Guillem Baker / フォトバンクに移行パリのトロカデロ広場でオリンピックリングを撮影する観光客たち
パリのトロカデロ広場でオリンピックリングを撮影する観光客たち - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
2024年に開催予定のパリ五輪の問題は依然としてセキュリティにある。同大会には選手1万4千人、サポーター900万人、報道2万5千人が集まると予想されている。英紙ガーディアンは、大会まで残すところ2年となったが、現時点でスポンサー問題や資金調達問題が解決しておらず、スタッフの募集も競技施設の整備も終わっていないと指摘する。

野心的な企み

ガーディアン紙は、五輪では毎回、選手とゲストの安全を確保することが開催国の最大の課題となると強調。パリ五輪の開会式では、選手と代表団がセーヌ川をボートで移動し、それを60万人の観客が両岸から眺めるという形式を予定している。しかし専門家は、この計画はあまりにもリスクがありすぎ、セキュリティ対策は現時点で解決されていないと考える。予想されている対策としては、警察ダイバーの組織、爆弾除去チームの編成、ドローン攻撃を防ぐため空の封鎖などがある。著名人の中には、このアイディアを捨て、開会式を例えばエッフェル塔に移すことを求めている。
東京五輪閉幕 五輪旗は2024年開催地のパリへ - Sputnik 日本, 1920, 08.08.2021
東京五輪閉幕 五輪旗は2024年開催地のパリへ

最重要課題の財政

セキュリティ問題に加え、フランスは財政問題も解決できていない。マクロン大統領は、2024年パリ五輪は「フランスの大勝利」になると約束している。大統領は、五輪は全世界に今のフランスの姿を示すものになると語る。一方で大会費用は80億ユーロ(約1兆1100億円)と見積もられており、そのうち国庫負担はわずか10億ユーロ(約1390億円)。参考までに、2012年ロンドン五輪の総額は106億ユーロ(約1億4700億円)、昨年の東京五輪は130億ユーロ(約1兆3100億円)だった。また高インフレに伴い、当初予算額を大幅に上回る恐れもある。加えて、ウクライナ情勢により五輪村建設資材の調達が滞る事態もすでに起きている。

運営上の諸問題

大会組織委員会は競技施設の95%について既存の施設を利用する予定だった。しかし現時点で施設所有者の多くと合意に至っていない。一方で、射撃や馬術などの一時施設の建設は当初見積を大幅に上回ることも明らかになった。ガーディアン紙によると、フランスは大会運営スタッフの確保さえもできていないという。例えばセキュリティ担当には2万2千人、バス運転手に1500人が必要とされる。しかし現在のフランスには、これだけの数の自由に空いている労働者はいない。パリ五輪組織委員会は全く羨ましい状況にないと同紙は結んだ。
スプートニク通信はこれより前、仏政府が五輪開催前にエッフェル塔を金色に塗り直すことを決めたことを伝えた。
関連記事
パリ五輪のプログラムで新種目を発表 空手は落選
ロシア 2036年の夏季五輪開催に向けて招致の申請を準備
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала