ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア軍将校、防空軍はいかにハイマースの迎撃方法を習得したかについて語る

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行ブクM-3
ブクM-3 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
ドンバス地方では、ロシア防空軍は、ウクライナ軍が使用をはじめた米国の多連装ロケットシステム「ハイマース」への対抗手段を習得した。対空部隊の将校によると、彼の砲台はすでにハイマースを何発も撃ち落としているが、しかし、それは簡単な課題ではなかったという。
ウクライナ軍は、6月末からドンバス地方で米国のミサイルシステム「ハイマース」の使用を開始した。合計で、米国とその同盟国は、ウクライナ政府にそうしたシステムを20以上提供することを約束し、12の複合機器がすでに同国に供与されている。
同将校によると、使用されている防空システム「ブクM-3」は、一度にいくつかの特徴を組み合わせるという特色をもつ。
「現在、私は、『ブクM-3』は最高のユニバーサル防空システムと考えている。工場で設定されたタスクを成功させるだけでなく、仕様上はそうなっていないにもかかわらず、ロケット弾も発射する」
彼は、ハイマースは高高度で飛行するため、最も難しいターゲットだと強調した。難しいのは、射程距離が短く、判断に要する時間が僅かしかないということだが、 それでも、迎撃は現実的なものとなったという。
露外務省ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
EUによるウクライナへの武器供給は、さらなる敵対行為への投資=露外務省
2014年以来、ウクライナ南東部の紛争では、戦闘員らは共和国軍だけでなく、U戦術複合機「トーチカU」からドンバス地方の平和都市も砲撃している。防空担当将校によると、防空ミサイル「ブクM-3」にとってこれらのミサイルの迎撃はもはやそれほど難しいものではないという。
以前、著名な軍事専門家のアレクセイ・レオンコフ氏は、ウクライナにハイマースを提供する真の目的について語っている。
ロシアのプーチン大統領は、2022年2月24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала