英国で首相候補者らの討論会中に司会が失神、討論会は中止

© AFP 2022 / Adem Altan英国で首相候補者らの討論会中に司会が失神、討論会は中止
英国で首相候補者らの討論会中に司会が失神、討論会は中止 - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
ボリス・ジョンソン英首相の後任を決める与党・保守党の党首選で、首相候補者等による選挙前の2度目の討論会がテレビ中継で放送される中、司会のケイト・マックカンさんが生中継中に意識を失い、討論会は中止となった。生中継を放送していたトークTVが発表した。
マックカンさんは生放送中に意識を失った。容態に支障はなかったものの、医師らのすすめにより討論会は再開されなかった。この不測の事態を受け会社側は視聴者に謝罪のコメントを発表した。
リズ・トラス外相がロシアへの対抗に関する質問に答えている最中、轟音がスタジオ中に響き渡った。トラス外相は手のひらで口を覆い、「オーマイガー」と叫び、轟音が鳴り響いた方へと進んでいった。その結果、放送は中止された。
後に会社側は「医療的性格」の理由により討論会が中止になったと発表し、安全保障上の問題ではないと説明した。
先に英国では与党保守党による五回目の党員選挙が行われ、最終候補者にはトラス外相とリシ・スナク前財務相の二人が残った。
関連ニュース
「国葬中止しなければ全国の子どもを誘拐する」、高知県内の6市に脅迫メール届く
岸防衛相、旧統一教会メンバーとの「付き合い」認める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала