中国軍の無人機 単独で宮古海峡の上空を通過、台湾に接近

© 写真 : Sichuan Tengdun Science and Technology Co 中国軍の偵察・攻撃型無人機「TB001」
中国軍の偵察・攻撃型無人機「TB001」 - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
25日、中国軍の偵察・攻撃型無人機「TB001」が沖縄本島と宮古島の間(宮古海峡)の上空を通過し、太平洋に進出した。中国軍の無人機が太平洋まで有人機を伴わずに飛行するのは初めて。ジャパンタイムズが報じている。
宮古海峡は、中国海軍が東シナ海から太平洋に航行できる数少ないルートの一つであるため、非常に重要な意味を持つ。
ナンシー・ペロシ米下院議長 - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
ナンシー・ペロシ米下院議長が訪台を計画 それに伴うリスクとは?
同紙によると、「TB001」は25日に飛行。同機は最大航続距離が6000キロで、ミサイルや誘導爆弾を搭載できるという。日本側によると、今回の飛行による日本の領空侵犯はなかった。同機を監視するため、日本の航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して対応した。
TB001は宮古海峡を通過し、今週、台湾で行われている大規模軍事演習「漢光演習」が行われている台湾東岸に接近した。
同紙によると、中国軍はこれまでにもTB001を含む無人機を日本の沖縄県周辺で飛行させていたが、いずれの場合も有人機を伴っていたという。
関連記事
中国軍、主権擁護の用意表明 「中国の軍事的脅威」に関する日本側の発表を背景に
中国の航空機2機が台湾の防空識別圏に侵入 台湾が軍事演習を準備
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала