日本 原子力発電は1つの選択肢 メリットと課題を把握し、議論することが重要=原子力白書

CC BY-SA 3.0 / Qurren / Shimane NPP from east島根原子力発電所
島根原子力発電所 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
日本の原子力委員会は28日、今年の「原子力白書」を取りまとめた。日本のマスコミが報じた。
NHKによると、今年の「原子力白書」では、カーボンニュートラルの実現やエネルギー安全保障といった課題に対応する上で、原子力発電が選択肢の1つとされており、原子力の活用を考えるにあたっては、メリットと課題の両方を正しく把握し、エネルギーの在り方を議論することが重要とされている。
原子力委員会の上坂充委員長は「原子力ありきではないが、エネルギーの重要性とその中での原子力の役割を、国民一人一人が『じぶんごと』として考えてほしい」と語った。
関連記事
高浜原発3号機が1日遅れ運転再開、油漏れに対応=関電
日本 島根原発2号機再稼働 知事「原発はない方がいいが、再稼働はやむを得ず」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала