欧州諸国、ロシア産ガスの禁輸措置で自分の罠に陥った=ル・フィガロ

© AP Photo / Sergei Grits 欧州諸国、ロシア産ガスの禁輸措置で自分の罠に陥った=ル・フィガロ
欧州諸国、ロシア産ガスの禁輸措置で自分の罠に陥った=ル・フィガロ - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
仏紙ル・フィガロのコラムニスト、イザベル・ラセール氏は、欧州諸国がロシア産ガスの禁輸措置で「自分の罠」に陥っていると指摘した。
ラセール氏によると、2月24日以来、EUはモスクワにロシア産ガスへの「依存」を終わらせると繰り返し警告してきたが、多くの国の抵抗に直面し、この決定の経済的および社会的影響を恐れ、その言葉を行動に移さなかった。その結果、モスクワを禁輸措置で脅迫した欧州諸国はトラブルに巻き込まれたという。
ラセール氏によると、今、欧州諸国は危険が迫っている状態に生きなければならない。
欧州市民は凍える - Sputnik 日本, 1920, 27.07.2022
ロシアがガス停止なら、欧州市民は凍える デンマーク・エネルギー大臣
また、ラセール氏は、ガスの価格の急激な上昇が輸出の減少を大部分補うため、ロシアにとってはガス供給の減少の財政的影響がないと指摘した。価格の上昇により、ガス供給の収入は2倍になると期待されている。
先にEU加盟国は、2022年8月1日から2023年3月31日までガス需要を過去5年間の平均使用量と比べて15%削減することで合意した。なお、EU加盟国はガスの需要を減らすための手段を独自に選択することができる。
ガスプロム - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
シーメンスは「ノルドストリーム」の不具合エンジンを修理していない ガスプロム
関連ニュース
EUのエネルギー危機で国内でのガス代、電気代の高騰を米国政府が懸念=CNN
ガス不足の場合、ドイツはウクライナの支援をやめる可能性がある=The Spectator
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала